-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-10-27 23:55 | カテゴリ:マロン
ジャンル:ペット テーマ:ペットの健康・病気・怪我
  我が家のマロンは 12歳5ヶ月になりました  
 
 maron

 人間でいえば、現在66歳ほどです。

 生後3カ月で家族の一員になり、

 家族思いで好奇心旺盛で食いしんぼう、内弁慶で勝気で頑固だけど、

 大きな病気もせずチワワにしてはちょいと大きめ3.5kg

 すくすくと育ってくれました。


 5か月前の検診で異常が見つからなかったので、

 彼の健康状態を全く疑っていなかったのです。


 ところが今月8日午後5時過ぎ、突然異変が起きました。

 その2時間ほど前に1回白い泡状の胃液を嘔吐しました。

 胃の調子が悪いと吐くことはよくありましたが、

 一日食べなければ翌日はケロッとして食欲旺盛でした。

 前日から食欲はなかったのですが、元気もあり便も普段通りなので、

 胃の調子が悪いものと軽く考えていました。

 
 2~3回立て続けに嘔吐した後、左後足中心に歩行困難になり、

 必死に歩こうとしてパニックになってバタバタと這うように走りまわり、

 抱きあげて落ち着かせたところ、

 数分したら今度は、足が突っ張り始め、

 目の焦点が定まらなくなって腕の中でのけぞったので、

 抱いていられなくなり下におろすと、グエッて感じ(声はないです)で、

 ぞうきんを絞ったような態勢になり、のけぞり悶え始めました。

 その時は長く感じましたが、

 発作のようなひどい状態は2~5分くらいだったと思います。

 
 車で10分ほどの病院で待っている間は、

 荒い息遣いと激しいよだれと身体全体の震えがあり、

 足全体が麻痺していましたが、のけぞることはなくなりました。

 
 一時間ほど診察してもらいましたが、

 血液検査もレントゲン検査も触診でも異常の原因が見つからないとの診断。

 むしろ血液検査は年齢の割に良好ということで、

 治療の仕様がないとのことでした。・・・・・


 続きは明日にします。
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://mayokonomaron.blog77.fc2.com/tb.php/1-a7939a0f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。